もったいない本舗に送料無料の件でお問い合わせのメールをしてみた

ぼくは楽天市場にあるネット古書店「もったいない本舗おまとめ店」をときどき利用する。

おまとめ店では、商品購入の合計額が3980円以上だと全国一律で送料無料になる。

今回の買い物では合計額がぴったり3980円になったので、送料はかからないはずだと思っていたのだけど、注文確定してみたらきっちり送料分の398円もよけいに支払うことになっていた。

なぜだろうと思い、メールフォームから問い合わせを行った。

もったいない本舗おまとめ店に送料無料について問い合わせてみた

楽天の39ショップ制度

楽天市場には「39ショップ」という制度があり、ひとつのショップでの購入金額が3980円以上になると送料が無料になる。

これは従来店舗ごとにばらばらだった送料のシステムをわかりやすくしようと今年に入ってからまとまった制度で、楽天市場にあるショップの8割がたが参加しているものだ。

ただし、沖縄や離島など一部地域はその例外となっており、送料無料になるハードルが9800円と高く設定されている。

【楽天市場】送料無料ラインガイド
楽天市場では2020年3月18日(水)より、送料無料ラインを導入しました。特定商品・一部地域を除き、同一の対応ショップ内の購入が3,980円(税込)以上で送料無料、沖縄・離島・一部地域への配送は、9,800円(税込)以上で送料無料となります。また、商品の発送元が、沖縄・離島・一部地域の場合は、送料無料の対象外となる場合...

もったいない本舗の送料のシステム

もったいない本舗おまとめ店では、楽天市場がこの39ショップ制度を導入するよりも前から、ショップ独自のシステムとして、合計3980円以上で送料無料、それ未満なら送料398円としていた。だから沖縄県民のぼくも3980円以上のまとめ買いをすればその恩恵に浴することができた。

しかし今回はなぜか送料無料になっていない。

39ショップ制度の導入以降は以前と送料のシステムが変わっているのか? というのが今回生じたぼくの疑問だ。

問い合わせのメールと返信

注文確定後に届いた確認メール内にお問い合わせ用のリンクがあったので、そこから送料無料について問い合わせてみた。

こんにちは。先ほど御ショップより本とDVD・CDを購入させていただきました。

以前より、商品の合計価格が3980円以上であれば送料無料になるとの認識でしたが、今回は合計額が3980円のところ、別途送料398円を足された金額で確定されたようです。

私は沖縄県に居住しておりますので、その場合の送料無料のラインは、楽天市場の「39ショップ」に準ずる9800円以上ということになっているのでしょうか。

今回はこのまま購入いたしますが、できましたら私を含む一部地域の利用者にも今後誤解のないように、御ショップサイト上の送料に関する記述に補足いただければ幸いです。

恐縮ではございますがご検討いただきたく存じます。

こんなふうに書いて送信した。

メールしたのは土曜日だったにもかかわらず、送信から2時間半ほどで「ご注文頂きましたご商品につきまして」という件名で返事のメールが届いた。

もったいない本舗は発送も早いけど、問い合わせに対する返事もまた早い。

メール本文の転記の許可はもらっていないのでざっくり書くと、混乱させてしまったことのお詫びと、送料無料に修正したので安心して欲しい、不明なことがあればまた連絡して欲しいという趣旨の内容だった。

3980円以上は送料無料になる(はず)

これは僕が問い合わせをしたことによる個別の扱いなのではなくて、楽天市場の「一部地域」に含まれる、沖縄やその他の離島のすべての人に対しても送料無料なのだと考えていいのだろうか。いいんだろうな、きっと。そうでないといけない。

もったいない本舗おまとめ店では、39ショップ制度の導入以後も、以前と同様の送料が引き続き適用されている(とぼくは受け取った)。

3980円でも気軽には出せないぼくにとっては、9800円はそう簡単には超えられないハードルなので、今回のメールでの回答にほっとしているし、もったいない本舗への好感もさらに高まることになった。

タイトルとURLをコピーしました