Windows10の画像ビューアを軽量なフォトビューワーに戻す方法

Windows10で画像ファイルをダブルクリックすると、「フォト」アプリが立ち上がる。

機能が豊富という点では便利なアプリなのだろうけれど、非力なPCだと画像の表示にワンテンポ遅れてしまう。

ほとんどの場合は画像を見たいだけで編集する気はないので、この表示の重さはいただけない。

しかしこの黒い背景の「フォト」は、Windows8.1以前の標準画像表示アプリだった、白背景の「フォトビューアー」に戻すことができる。

Restore Windows Photo Viewer to Windows 10というフリーソフトを使えば設定は簡単だ。

本記事ではその導入方法を説明する。

以下のサイトからRestoreWindowsPhotoViewerSetup.exeをダウンロードして、ダブルクリックでインストールする。

Restore Windows Photo Viewer to Windows 10
Restore Windows Photo Viewer to Windows 10

インストールが完了すると、下のような画面が起動する。

この左下の「Restore Windows Photo Viewer」ボタンをクリックすると、「Success!」というダイアログが出て、これで「フォトビューアー」が使えるようになっている。

続いてPDF関連のソフトの紹介があるが、ここでは必要ないので「いいえ」を押そう。

※いつもはここで自動的にアプリの設定画面が起動して、画像を開く標準のアプリを「フォトビューアー」に関連付ける。

(今回ぼくのPCでは関連付けをしなくても「フォトビューアー」で画像が表示されたが、これは過去にフォトビューアーに変更した履歴があるからかもしれない。)

この状態でまだフォトビューアーに切り替わっていないときは、「その他のアプリ↓」をクリックしてアプリの一覧の中からフォトビューアーを選択する。この画面は、適当な画像を右クリックして、「プログラムから開く」>「別のプログラムを選択」でも出すことができる。

これまでは選べなかった「Windowsフォトビューワー」が選択できるようになっているはずだ。

 

デフォルトのアプリを「フォト」に戻したい場合は、インストールしたフォルダ内にある「RestoreWindowsPhotoViewer」の実行ファイルを右クリックして「管理者として実行」で起動することで、同じ操作で元に戻せる。

その時は左のボタンではなく、真ん中の「Keep Using Photos App」のボタンを押せばよい。

そうすると再び「フォト」に画像を関連付けることができる。

このように簡単に「フォト」と「フォトビューアー」を切り替えることができるが、標準のアプリを「フォトビューアー」に変更していても、Windowsの大型アップデート後には強制的に「フォト」に戻されていることがある。

このような場合はインストールしたRestoreWindowsPhotoViewerを前回同様そのまま使えることもあるし、アップデートに対応してソフトがバージョンアップされていることもある。このフリーソフト「Restore Windows Photo Viewer to Windows 10」のページをブックマークしておくといい。

タイトルとURLをコピーしました