10連休中の局留め郵便物に注意!

通販などで普段から郵便局留めを利用しているみなさんへの注意喚起です。

ことし2019年のゴールデンウィークは、4月27日(土)から5月6日(月)まで、カレンダーどおりだと10日間の長期連休となっていますね。

そのかん、日本郵便では、ゆうパックは毎日配達されますが、ゆうメールや一般郵便物は4月27日と5月2日のみの配達となるなど、ふだんとは異なるスケジュールの業務となります。

通販などの荷物を自宅で受け取る場合には大きな問題はなさそうですが、「局留め」を利用する場合には、受け取り局によっては注意が必要となります。

いつもの流れでうっかり通販の受け取りを局留めにして、商品到着の日が連休にかかってしまうと、荷物を受け取れるのはだいぶ先になるかもしれません。

「休日も窓口が開いているかどうか」で受け取れる日が大違い

郵便局には、休日も窓口を開けている局と、土日祝日には窓口を閉じている局があります。

前者の休日も開いている局は、比較的大きな郵便局に限られるようです。

普段の土日に窓口が開いていない多くの一般の郵便局では、やはり今度の10連休の間もずっと、局留めの荷物を受け取ることができません。

なのでどうしてもこの連休中に郵便局で荷物を受け取りたい場合には、ふだん使っている局から土日も窓口を開けている局に受取先を変更したのちに、通販などを利用するようにしましょう。

普段の土日に窓口を営業している局なら、今度の連休の間も窓口を利用することができます。

郵便局の営業日・営業時間は、こちらのページで検索して確認できます。

郵便局をさがす - 日本郵便
集荷を行う日本郵便株式会社の郵便局情報や、全国各地の郵便局のデータを検索することができます。

郵便局留めの保管期間は10日間

もうひとつ心に留めておきたいのは、局留めでの荷物の保管期間が10日間であることです。

土日に営業していない局の場合、連休前に荷物が届いていても、万一、連休に入る前に取りに行けなかった場合は、10連休中にこの保管期間が過ぎてしまいます。

このような場合に荷物が発送元に返送されてしまうのか、それとも連休明け以降も局で保管していてくれるのか、JPのサイトに記載がないので不明なのですが、いずれにせよ確実に受け取るには、連休前までに受け取りに行く、あるいは、こちらもあらかじめ土日も利用できる局で受け取るようにしておく、という対策が必要になります。

9月のシルバーウィークのような変則的な連休でも、保管期間の大半が局の休みにかかってしまうようなことがないようにしたいですね。

楽天市場などではデフォルトで局留めにしている方も多いと思うので、休日も営業している郵便局を配達先に追加登録するなどして対策しておけば安心です。

(公式)【楽天市場】配送ガイド|郵便局受取サービスご利用ガイド

 

通販の利用を先に延ばす検討も

これから局留めで通販を利用しようとしていて、連休前に確実に局に届くかどうか微妙、ということであれば、配達先を自宅に変えるか、あるいは連休明けに受け取れるよう、通販を延期することも考えてみるとよいでしょう。

ご近所の局にはこぽすがある場合は、納入さえされれば、休みにかかっても3日間は荷物を受け取ることができます。はこぽすは通販サイトでは楽天市場、フリマではメルカリ、オークションではヤフオクなどが対応しています。

(公式)【楽天市場】郵便局・はこぽす受取ご利用で、いつでも50ポイントプレゼント

タイトルとURLをコピーしました