『日本の古本屋』の会員登録をしてみた

古書通販サイト『日本の古本屋』では、日本全国の古書店の在庫を検索して古書を購入できる。

今回その会員登録をしてみた。

『日本の古本屋』の会員登録まで

日本の古本屋

古い本についてネットで調べていると、ときどきこの「日本の古本屋」に参加している書店のページがヒットする。

日本の古本屋 / 全国900店の古書店が出店、在庫600万冊から古書を探そう

Amazonやブックオフオンラインに在庫がなかったり、オークションサイトでは価格が高騰しているような本でも、「日本の古本屋」ではそこまで高くない値段で見つかることがある。

全国各地の古書店が出店していて、個人の転売屋などが入り込む余地がほとんどないのが理由だろうと思う。

ぼくが先日このサイトで見つけた本で、買おうかどうか迷っている本があり、とりあえず先に会員登録だけ済ませることにした。

『日本の古本屋』の会員登録

会員登録に必要な情報は以下のとおり。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 性別(選択式)
  • 職業(選択式)
  • 生年月日(選択式)
  • パスワード(8~50字)

その他、メルマガの送付を希望するか否か、成人図書を表示するかどうかの選択欄もあった。

この時点ではまだクレジットカード情報の入力は求められなかった。

実際に初回の注文をして、その購入手続きの中で入力していくのだろう。

会員登録しなくても購入は可能

「日本の古本屋」では、この会員登録をしなくても商品を購入することはできる。

しかし会員登録しておくと、「単品スピード注文」ができるようになる。

○単品スピード注文と通常の注文の違い
・通常の注文では、注文の確定後に古書店から送料などを含めた全額が通知されます。
クレジットの場合も古書店からの総額通知の後に改めてお客様側で決済していただくことになります。
・「単品スピード注文」のマークがついている本は、送料を含めた総額があらかじめ決まっています。
お客様が「単品スピード注文」を選択されると、古書店側からの返信を待たずに注文が完了し、クレジット決済されます。

ざっと見たところ「単品スピード注文」に対応している本は多くはないようだ。参加している古書店にもよるのかもしれないが。

だからまあ、必ずしも会員登録は必要ではないとも言えそうだけど、今後のために済ませておいた。

後日、実際に買い物をした流れはこちらの記事で。

「日本の古本屋」ではじめて古書を買ってみた全過程
全国各地の古書店が加盟している「日本の古本屋」で古書を購入してみた。 発送が全国の個々の古書店からになるので、注文後あらためて送料込みの支払額が通知されるシステムになっていて、Amazonなどの大手ECサイトとは勝手の異なるところもあ...
タイトルとURLをコピーしました