Amazon送料無料の値段あわせにタッコングのソフビ人形を買いました

ぼくはAmazonのプライム会員になっていないので、送料無料にするためにはAmazon発送の商品を合計2000円以上買う必要がある。

だいたいいつもはすんなり欲しいものが決まって2000円以上にすることができるのだけど、たまに、年に1回か2回くらい、どうしても買いたいものだけでは2000円に届かないことがある。

そんなときは、備蓄できる消耗品や消費期限の長いビタミン剤などを買ったりすることもあれば、ときにはたいして役に立つわけではないものを数百円分買って差額を埋めることもある。

今回は後者のパターンで、怪獣のソフビ人形「タッコング」を買ってみた。

Amazonで送料無料にするために買ったタッコングのソフビ人形

タッコングとは

タッコング ソフビ人形

タッコングは、『帰ってきたウルトラマン』に出てくる怪獣だ。いま調べた。

その第1話に登場したらしい。

あれは帰ってきたウルトラマンだったのか…。

タッコングには思い出がある。

ぼくが保育園児のころ(ずいぶん昔だな)、その日の保育が終わったあと母親が迎えに来るまで、園のテレビでウルトラマンの再放送を見ていて、そこにこのタッコングが出ていたのだ。

その名前と、海辺の石油コンビナートを舞台にもう一匹の怪獣と一緒に暴れていたことだけを、ぼくはその後長いあいだ記憶していた。

記憶があいまいだったけれど、あれは帰ってきたウルトラマンの第1話だったのだ。

あらためてタッコングの人形を見ると、手が変なところについている。こんな姿をしていたのだなあ。

タッコングのソフビ人形、482円なり。

ウルトラマンのソフビ人形では、以前にもエレキングやキングジョーのものを買ったことがある。

Amazon.co.jp:ウルトラ怪獣シリーズ

ぼくが小さい頃は、ウルトラマンに出てくる怪獣に関する知識は男の子の間の基礎教養だったので、たとえ実際にはテレビで見たことがなくても、ゴモラとかレッドキングなどの有名な怪獣には親しみがあるのだ。

そのほかに送料無料にするために買ったもの

そのほかにも、これまでに送料無料の値段合わせに、Amazonでこんなものを買ってきた。

「スヌーピーカー」のミニカー。

スヌーピー ミニカー トミカ

スヌーピーカーの原作とか出典があるのかどうか知らないけれど、単純にかわいいと思って買ってしまった。対象年齢は3歳以上となっている。

Amazon.co.jp:ドリームトミカ

 

また、シュライヒの動物フィギュアもいくつか買った。

シュライヒの動物は、過去記事にも何度か登場していて、白熊の仔とゾウガメの登場回数が多い。どちらもAmazonで400円~600円前後だったと思う。

低価格のわりにリアルな造形で気に入っている。

100均コンベックスのロックが壊れたので、タジマのJIS1級コンベックスを買いました
ものの長さを測りたいことが日常的によくあるので、いつも手元にコンベックス(テープが金属製のメジャー)を置いている。 とくに通販のページを見ていて、品物のサイズがどれくらいか、実際にテープを手元で引き延ばしてみることが多い。 たと...
私は川原泉さんを知らない人類でした。
川原泉さんの漫画を愛好している。 今や、病みついているといってもよいほどに。 それほど漫画好きでもなかった僕にしてみれば、自分でも意外なほどに。 …とはいっても、僕が川原さんの作品を初めて読んでから、まだ半年もたっていない...

シュライヒの動物フィギュアは売り切れたら同じ型では再生産しないのか、人気のあるものにはプレミア価格が乗ってしまうことがある。

だけどしばらくすると、ちょっとだけ異なるデザインで出てくることも多いようだ。

ぼくは、パンダの子どもバージョンがまた出てくるのを心待ちにしている。

Amazon.co.jp:シュライヒ フィギュア

タイトルとURLをコピーしました