ハヤカワ文庫トールサイズに対応しているエルコミューンのブックカバー

エルコミューンの文庫サイズブックカバーを買った。

ワンポイントでいろんな動物が箔押しされている柄がある中で、鳩のポイントのついた緑色のブックカバーを選んだ。

エルコミューンの文庫カバーはハヤカワ文庫にジャストフィットだった

エルコミューンの文庫ブックカバー

種類がいろいろあって迷ってしまった。

これらの中から今回購入したのはこちらのカバー。

「ハリネズミ」や「カメレオン」もいいと思ったけれど、最近は緑色が好きなので、「鳩」を選んだ。白い鳩のモチーフといい淡い色合いといい、クラシカルな雰囲気でよい。

柴犬やフクロウのように金色とか、カエルやカメレオンなどキラキラの箔押しのタイプもある。(Amazonのリンク先で全種類を見ることができる。)

文庫本のサイズの違い

文庫本は出版している会社によって、微妙にサイズが違う。

現在各社から出ている文庫だと、高さが152mm±1~2mmのものが大多数だ。

でもハヤカワ文庫だけは157mmほどもあって、並べると突出して背が高い。そのため、文庫用として売られているブックカバーでもハヤカワには対応していないこともしばしばある。

昔(20年以上前?)のハヤカワ文庫は他社と同じようなサイズだったけれど、今出ているものだと、おそらくすべてがこのトールサイズになっていると思う。

試しに手持ちの文庫本を背の高い順に並べてみた。

一番左のお茶のペットボトルのそばにあるのがハヤカワ文庫だ。実測で157mmだった。

その右の3冊、文春・新潮・中公あたりが文庫としては平均的なサイズで、およそ152mm~154mmくらいだ。

そして角川(ソフィア)・岩波・講談社・ちくま文庫が、148mm~150mm程度の小さめグループになる。

ぴったりサイズの縫わない文庫ブックカバーを100均のデニムはぎれで作る
デニムのはぎれを買って余りが出たので、ついでに文庫用の布製ブックカバーを作ってみた。 実際のところ普段そんなに外に本を持って出ないし、カバーをかけることもないけれど、まあ、単純に作りたかったので作ってみたのです。 市販のブックカ...

ハヤカワのトールサイズにぴったりだった

今回購入した文庫カバーをハヤカワ文庫の『幻の女』に装着してみた。

これが誂えたようにぴたりと納まった。1mmの余裕もなさそうだ。

サイズがぴったりだっただけではなく、このカバーは表紙の袖部分が透明になっているため、この部分に書かれていることの多い主要登場人物のまとめなどを、いつでも見返すことができる。

背表紙側は、本の厚みによって折り返す場所を少しずつ変えることになる。

まだ余裕があり、かなり厚めの本でもいけそうだ。

ただ素材的に折り目が付きにくいのか、けっこう強めに折り曲げてみたけれど、しばらくするとまた元に戻ってきて、ぴたっと平坦にはなっていない。

これはまだ使い始めだからかもしれない。何冊も読んでいるうちには折れ曲がっていくことだろう。

カバーの色や柄のワンポイントのバリエーションはリンク先で確認してみてほしい。

同じメーカーのブックカバーじゃなくて手帳だと、UFOに牛が連れ去られるパターンなどユーモラスなものもあり、物欲を刺激される。

-

タイトルとURLをコピーしました