ブックオフオンラインで本やDVDを買ったらリアル店舗から届いた件

ぼくはネット古書通販のブックオフオンラインをよく利用する。

先日(2020年11月)そのブックオフオンラインで買い物をしたら、5点買ったうちの1点だけが先に発送された。

これまで100回以上オンラインを利用しているけれど、一度の注文分がまとめて来ず、ふたつの荷物に分かれて発送されたのは初めての経験だ。

過去の注文では、一度で注文確定した中古商品は例外なく一つの荷物で送られてきた。

さらにもうひとつ普段と違うことは、先に発送されたその商品がいつも発送元となる神奈川のブックオフオンライン配送センターからではなく、福井県にあるブックオフ実店舗からの発送だったこと。こちらも、これまでには経験のないことだ。

実店舗から発送されるたびに追記しているので、記事が長くなっています。目次をご利用ください。

ブックオフオンラインでは実店舗の店頭在庫も買えるようになっている?

福井県の実店舗からの発送(2020年11月)

今回の発送元となったのは、ブックオフ福井米松店。

発送メールに記されていたその店舗を、思わずGoogleマップで検索してみた。

ぼくがオンラインで買い、この福井市のブックオフ実店舗から発送されたのは、古い映画のDVDのセットだ。

残りの書籍4冊はその翌日、いつものように神奈川の配送センターから発送された。ブックオフオンラインの巨大な倉庫が横浜市瀬谷区にあるので、オンラインで商品を買うといつもはここから送られてくる。

Amazonなら一回の注文が2個口、3個口の荷物になることは珍しくないけれど、ブックオフオンラインでこういうことを経験したことはなかった。

ブックオフオンラインでは、中古と新品を一緒に買った場合には、それぞれ別発送になるシステムになっている。しかし今回買ったのはすべて中古商品だったので、そのシステムのせいでもないだろう。

福井と神奈川から商品が到着

そしてその荷物が相次いで到着。

右が福井から来た梱包。

納品書の体裁も普段のオンラインのものとは別だった。

買ったもの。すでに見た作品も重複して入っているんだけど、『ジェニイの肖像』単体DVDを買うよりもこの10枚組のほうが安かった。

リアル店舗在庫をオンライン経由で購入

今回はこのように、実店舗の(おそらくは)店頭に並んでいた商品をオンライン経由で買ったことになるのだけれど、こうした例はこれまでにもあったのだろうか?

仮に商品をたくさん注文して全国各地から五月雨式に届くようになったら、受け取る側も大変だ。

それとも、実店舗とオンラインで在庫を共有しているのはDVDのような一部の商品のみだったりするのだろうか。

パブリックドメイン映画のDVDセットのような、多少なりとも長期在庫リスクのある商品を店舗が買い取った場合にのみ、今回のようにオンラインと在庫を共有しておき、早期販売を期するということならありそうに思える。

(福井米松店。画像はストリートビューより引用)

こうしたいくつかの疑問の答えはいまは分からないけれど、あるいは、今後の買い物を重ねることで明らかになっていくのかもしれない。

なにか判明したら、また追記しよう。

追記:実店舗発送2回目(福井県)

2度目も福井から(2021年1月)

前回は昨年11月だったが、年が明けて1月に購入した商品でも、そのうち1点が福井の店舗から送られてきた。こんどはDVDではなくて本だ。

左が福井から、右が神奈川からの荷物。

前回は福井米松店だったが今回は福井二の宮店からの発送だった。

DVDだけじゃなくて本も実店舗から発送される可能性があることが新たにわかった。

今回は受け取りを自宅ではなく局留めにしていたので、郵便局には神奈川からのものを合わせて荷物が2つ届くことになった。それが前後して届き受け取りにも2回行ってきた。

個人的な感想を言わせてもらえば、こんなことなら、むしろ購入を避けたい。サイト上でも実店舗在庫は買う前にそれとわかるようになればいいのだけど…。

なぜ福井なのか

それにしても福井のブックオフとはご縁がありますね。前回も今回も福井の店舗からの発送なのは、偶然なのか、理由があるのか。

理由があるのだとしたら、ブックオフの中で福井がこの発送形態の先行モデル地区になっているとかなんだろうか?

上が普段のオンラインの納品書。下が実店舗からくる納品書。

また何かわかったら追記しましょう。

追記:過去の発送メールを確認。2019年10月から?

発送メール内の文言

その後、ブックオフオンラインからの発送メールに、「ひとつの注文で複数の発送元から商品が発送される場合があります」という文言があることに気が付いた。

いつからそうなっているのだろうと思いメールボックス内を検索すると、2019年10月25日以降の発送メールにこの記述が含まれていた。

その前回の買い物の10月5日発送分のメールには含まれていなかったので、この2019年10月ごろから、神奈川の倉庫以外からの発送が始まっていたことが推測できる。

それが最近ぼくのところにたまたま続いたということなんだろうか。実店舗からの発送をあと何度か経験すれば、その頻度についてもある程度つかめてきそうだ。

追記:実店舗発送3回目(石川県)

3度目は石川から(2021年5月)

11月、1月に続く3度目の実店舗発送は、5月だった。頻度的には実店舗発送もまれなことではないという感じになってきた。

中古の本1冊。こんどは石川県のBOOKOFF野々市若松店からの発送だった。

(画像はGoogleマップより引用。この建物にはストリートビューで中に入れる。)

これで福井、福井、石川と、北陸地方の店舗からの発送が3回続いたことになる。

ヤマトで発送

今回これまでとちょっと違うのは、郵便ではなく、ヤマト運輸のネコポスでの発送だったことだ。

長い間ブックオフオンラインで中古商品を買ってきたけれど、ヤマトで発送されたのはたぶんこれが初めてだ。

ぼくは局留めで受け取ることも多いので、もし局留めをしていてヤマト発送になったらどうなるのか、新たな疑問もわいてくる。

局留めを指定していれば郵便での発送にしてくれるのだろうか?

追記:実店舗発送4回目(福岡県)

福岡からも(2021年6月)

6月にも実店舗からの発送があった。

実店舗から発送されたら、発送メールに書かれているその店舗をGoogleマップで確認するのが恒例のようになった。

今回の発送店舗は福岡県の南端、大牟田市にある。熊本県との県境にほど近い。

(Googleマップより引用)

北陸だけでなく九州からも発送されてきた。

注文の時点でわかるようにならないか

発送が複数にわかれると受け取りも二度手間になってしまう。

ユーザーとしては、ブックオフオンラインでの注文の時点で、それが店舗在庫だとわかるようにしてもらえるとうれしい。

追記:実店舗発送5・6回目(愛知県と岩手県)

名古屋からも(2021年6月)

今月のブックオフラインの利用は2回目で、その2回とも実店舗発送の商品が含まれていた。いずれも本1冊だ。

体感としては急に実店舗から発送される頻度が上がっている。

今回は、大手スーパーを核とする名古屋のショッピングセンター内にある、フックオフ大型店舗からの発送だった。

(画像はいずれもストリートビューより引用)

ぼくは月に2回か3回程度ブックオフラインを利用していて、個人としてはたぶん利用頻度が高いほうだということもあるのだろうけど、商品をまとめて発送してくれないのがこうして常態化すると、ブックオフオンラインでの買い物にちょっと面倒な印象も出てくる。

ちなみに本は、もちろん自分で読むために買っています。転売とかでなく。

岩手からも(2021年6月)

今回の注文では、名古屋のほかに岩手県盛岡市の店舗からも発送された本があった。

8冊購入した中で2冊が実店舗在庫だったわけだ。

(ストリートビューより引用。この建物はどう見ても、かつて存在した玩具チェーン店のハローマックだ。)

「ゆうメール」「レターパックプラス」での発送

ブックオフオンラインで買い物をすると、神奈川の倉庫からの発送の場合、中古商品なら「ゆうパック」か「ゆうパケット」で発送される。

先日の石川県からの発送のときは、ヤマトの「ネコポス」。

今月の福岡からは、「ゆうパケット」。

そして今回の名古屋からの発送は「ゆうメール」。盛岡からの発送は「レターパックプラス」。

発送形態は店舗によりまちまちだ。

名古屋のほうは発送メール内に発送方法が書いてなかったので、オンラインの購入履歴を調べてゆうメール発送だとわかった。

このゆうメールだと追跡番号がなく、いつ届くかわからない。追跡のあるゆうパケットかレターパックプラスにしてほしかった。

追記:実店舗発送7回目(福岡県)

福岡県からDVD(2021年9月)

9月には、前回から3か月ぶりに実店舗発送の商品を受け取った。商品は中古DVD。

これまでにDVDと単行本がそれぞれ実店舗からの発送になったことはあるが、コミックやCD、そして数としては一番多く買っている文庫本では、まだそれがない。

キリがないので、とりあえず逐次報告はここまでにしておきましょうか (2021年9月)。

またなにか変わったパターンで実店舗発送があったら、そのときに追記します。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました