大人が英語と日本語訳を比較しながらはじめて読む『不思議の国のアリス』

なにかやさしい英語の本を読もうと思い、「講談社英語文庫」で検索して、その中からルイス・キャロル作『ふしぎの国のアリス ALICE’S ADVENTURES WONDERLAND』を購入した。

これと角川文庫の『不思議の国のアリス』(河合祥一郎訳)を一緒に読んでみたい。

ぼくはこれまで、日本語でも同書を読んだことがなかったので、はじめて手に取るいい機会だ。

『不思議の国のアリス』の英語と日本語訳を比較しながら読む

『不思議の国のアリス』の文庫2冊

左が角川文庫の日本語訳、右が講談社英語文庫の原文版。

紙の本では読まないままスキャンして、タブ切り替え式のPDFビューアー「Sumatra PDF」で表示した。

軽快かつシンプルなPDF/ePub/コミックリーダー「Sumatra PDF」
軽快かつシンプルなPDF/ePub/コミックリーダー「Sumatra PDF」の評価とレビュー、ダウンロードや使い方を解説します。PDF / eBook(ePub/Mobi) / XPS / DjVu / CHM / 漫画(CBZ/CBR)に対応したリーダーソフトです。編集機能などの不要な機能を省き…

こちらが日本語訳の第1章の冒頭部分。

こちらが英語の原文版の同じ個所。フリーソフトのSumatra PDFは、このように複数のPDFを同時に表示してタブで切り替えながら読めるのが長所だ。

こうすれば、一段落ずつ交互に読んでいくことが紙の本よりも容易にできる。

英語と日本語の学習

まず自分で英文のほうを1段落読んで大意を把握したあとに日本語で読むと、自分のイメージと比べて河合訳はなんと生き生きと英語の文章を日本語の文章に移し替えていることかと思う。

第1章冒頭の2段落目。

これが河合訳アリスではこう訳されている。

 そこで、ぼうっと考え始めました —暑い日だったので、すごく眠たくて、なかなか頭が働かなかったのですが— ヒナギクの花輪でも作ったら楽しいかな。でも、わざわざ立ち上がって、お花をつむのは…めん……ど………。と、そのときです。とつぜん、ピンク色の目をした白ウサギが、ササッと、そばをかけぬけました。(河合祥一郎訳)

こんなふうに、翻訳だけを読んでいるときには強くは意識しない日本語のダイナミズムみたいなものも、交互に読むことで同時に感じることができる。

参考になるサイト

英文の理解が曖昧な部分や、どうしてそんな訳になるのか疑問におもう部分があっても、『不思議の国のアリス』には解釈や翻訳のポイントを解説しているサイトが複数あり、こうしたものがとても頼りになる。

(追記:でも読み進めていくと、どこのサイトも序盤で力尽きているようだった。全編の注釈が必要なら書籍が必要かもしれない。候補は『対訳・注解 不思議の国のアリス』など。)

こちらのサイトでは、原文と読解の要点をページ内に見やすく並行に表示している。

こちらのサイトも序盤までだけれど、一文一文の訳し方がかなり詳細に解説されている。

(追記:こちらのサイトが最後まで訳と解説をしてくれています。)

ぼくはこの作品について、チェシャ猫やトランプたちといった子どもの頃に見聞きした断片的な知識しか持っていないので、はじめての『不思議の国のアリス』を、楽しみつつ少しずつ読んでいきたい。

河合祥一郎訳の評判はいいようで、ネットで読める文を比較する限り、ぼくも一番いい訳だと思う。

今回買った本にはどちらにも原典オリジナル版の挿絵が入っている。

ペンギンリーダーズの『ALICE IN WONDERLAND』も、Amazonのページで最初の方を試し読みすることができる。

このバージョンは英語の初学者用に易しく書きなおされているもののようで、今回買った文庫本のオリジナルの文章と比べて、ずっと簡単な英語(中3か高1の英語教科書くらいのレベル?)になっている。人によっては物足りなく感じられるだろう。

そういえばシュヴァンクマイエルの『アリス』は見たことがあった。あれも本作が元なのか。取っ手という取っ手が抜ける奇妙な映画だった。

講談社英語文庫はこちら。『ふしぎの国のアリス』以外にも親しみやすい作品が多い。

ライ麦畑やアルケミストなどに加えて、英訳版・星新一『気まぐれロボット』、漫画日本昔ばなしやOL進化論といったバラエティに富んだラインナップが揃っている。

Amazonには、洋書の難易度が語彙力に応じて絵本レベルから一般書レベルまでの17段階に分けて整理されたページがあり、自分が楽に読める英語の本を探すのに最適だ。ただぼくの環境によるのか「サンプルテキスト」のリンクがなぜか機能していないので、レベル別に並んでいる個別の本を開いて試し読みしてみることで、自分のレベルにあった本を探すといい。

タイトルとURLをコピーしました