Amazon発送の荷物をPUDOステーションで受け取る方法

僕はAmazonで買った商品を、自宅やコンビニ受け取り以外にPUDO(プドー)ステーションで受け取ることがよくあります。

その方法はいたって簡単で、ヤマトでの配送の場合は、

Amazonから荷物が発送されたあと、

受取先をPUDOステーションに変更して、

荷物がロッカーに納品されるとメールで届く番号を使って取り出す。

たったこれだけです。

あらかじめクロネコメンバーズに入会して、メール通知サービスを利用開始しておく必要はあるものの、流れとしてはとても簡単です。

今回はヤマト運輸で配達されるケースを例にとり、Amazonで購入した商品をPUDOステーションで受け取る方法の流れと、その各ステップを詳しく解説します。

同様の手順で、Amazonのほか楽天市場・Yahoo!ショッピングその他の通販で購入した商品も、PUDOステーションで受け取ることができます。

今回扱わなかったヤマト以外の配送業者(佐川急便や日本郵便)については、記事の下のほうで考察しています。

 

重要な追記

2020年3月中旬現在、Amazonの受取先として、一部のPUDOステーションも利用可能になってきているようです。

つまり、Amazonの買い物のときに直接、最寄りのPUDOステーションを受取先に指定することができます。この場合クロネコメンバーズの操作は不要です。

具体的には、Amazonの注文確定画面で「受け取りスポット選択」をクリックし、コンビニやヤマト営業所などとともにPUDOステーションがリストに出てくれば、そこへの配達を選択できます。

コメント欄にて、同様の情報をいくつかいただきました。

僕の地元のPUDOはまだ選択できないので、これが順次拡大していくことを期待しています。

情報をお寄せくださった皆様に感謝いたします。

以下の記事では、2019年ごろの状況に基づき、クロネコメンバーズを利用して受取先をPUDOステーションに変更する手順を紹介しています。

まだAmazonから直接指定できないPUDOステーションへは、この記事の方法で配達してもらうことができます。

Amazonで買い物をする前の準備

PUDOステーションは、Packcity Japan(パックシティジャパン)が全国の商業施設内などに設置している宅配便受け取りロッカーです。

このPUDOステーションでAmazonの商品を受け取るには、まずはAmazonで買い物をする前にしておかなければならないことが2つあります。

Amazonからの荷物をPUDO受け取りに変更する準備

Amazonで購入した商品をPUDOステーションで受け取るためには、買い物の前に、次の作業を終えておく必要があります。

 

1.事前にヤマト運輸のクロネコメンバーズに入会しておくこと。

2.クロネコメンバーズで「宅急便e-お知らせシリーズ」というメールサービスを受け付ける設定にしておくこと。

 

ではこの準備について、ひとつずつ解説しましょう。

クロネコメンバーズに入会する

クロネコメンバーズは、ヤマト運輸が提供する利用者向けのサービスです。

https://cmypage.kuronekoyamato.co.jp/

クロネコメンバーズにはWeb上で即日入会することができ、入会金・年会費は無料です。荷物の受け取りだけの人も含めて、ヤマトの利用の多い人には便利なサービスです。

これがないと始まらないので入会しておきましょう。

宅急便e-お知らせシリーズを利用する

2番目の条件、「宅急便e-お知らせシリーズ」は、クロネコメンバーズのメール通知サービスです。

これも入会と同時に申し込んでおきましょう。

この「宅急便e-お知らせシリーズ」を利用するためには、まず本人受け取りの宅急便の封書を受け取る必要があります。これは本人確認のためです。

それゆえ、Webでの申し込みから封書が届くまでの数日間は、配達される荷物のPUDOステーションへの受取先変更ができません。

先に「あらかじめメールサービスを利用開始しておく必要がある」と書いたのはこのことです。通販の前に封書を受け取って、利用開始しておきましょう。

 

ちなみに僕が数年前に会員登録した時には、申し込みの5日後に沖縄県の自宅に封書が届いたので、届くまでに最大5日程度の余裕を見ておけばよいかと思います。

ここまでで事前の準備は完了です。

Amazonでの買い物から発送まで

次は、実際の買い物と発送先指定の方法です。

Amazonで買い物をするとき、商品の発送先として直接PUDOステーションを選ぶことはできません。

ここで受け取り場所に近所のPUDOステーションを指定できれば便利なのですが、いまのところはまだ実現していません。

ここではひとまず自宅などをあて先にしておきます

自宅あてに荷物が発送されたあとで受け取り場所をPUDOステーションに変更するのですが、ここでもうひとつ、PUDOステーションを利用するための条件をクリアしなければいけません。

 

3.Amazonからの商品発送がヤマト運輸扱いであること。

商品が郵便その他の配送業者ではなく、ヤマト運輸で発送されることです。クロネコメンバーズで受け取り場所を変更する必要上、ヤマトでの配送が必須になります。

 

Amazonからの発送メールに、画像のようにヤマト運輸の配送だと書かれていればOKです。

 

個人的には、これまでの経験でどんなものを買えば郵便ではなくヤマトになりそうかということは勘が働くようになっているのですが、Amazonの買い物では基本的には自分で運送業者を選ぶことができないので、自宅を受け取り場所に指定した場合は、配送がヤマトになるかどうかは実際のところ運の要素があります

運悪くヤマト以外で発送されてしまうとPUDOステーションでの受け取りはあきらめざるを得ません。

Amazonからの配送業者を商品購入時に直接指定することはできない。

Amazon.co.jp 配送業者の一覧

 

でも実は、裏技的な方法でヤマト発送を選ぶことが可能です。

参考1:ファミマや営業所受け取りだとヤマト発送になる

現状では、ファミリーマートとヤマトがコンビニ受け取りで提携していて、配達先としてファミリーマートを選ぶと、ヤマトでの発送になります

ただしファミマ受け取りは80サイズまで、ヤマトのPUDOステーション受け取りは100サイズまでと多少のサイズの制限があります。

また当然ながら、ヤマトの営業所で受け取る選択をすれば、ヤマトでの発送になります。

購入商品をヤマトで発送させるには?
・近隣のファミリーマートを配達先に指定する。
・ヤマトの営業所を配達先に指定する。

このときどうせあとでPUDOステーションに変更するのだからと取りに行きづらい適当な店舗や営業所を指定しないようにしましょう。気象条件や箱の大きさなどの理由で、まれにPUDOステーションに変更できないことがあります。

ちなみに配達先にローソンを選ぶと郵便での発送になりますよ。

参考2:自宅受け取りの場合どんな商品がヤマト発送になるのか?

ちなみに、僕が住んでいる町では、Amazonで買った商品はヤマトか郵便のどちらかで配送されます。

佐川やその他のデリバリープロバイダになったことはこれまでにありません。

このとき、買ったものがゆうパケットのサイズに収まらない商品であれば、まず間違いなく(「ゆうパック」ではなく)ヤマトになるのですが、それでも複数の商品を買ったうち小さく軽い商品だけがゆうパケットで来ることもあり、事前に配送業者を100パーセントコントロールできるわけではないのが、PUDOステーションを使う上での不確定要素です。

ゆうパケットに収まらないのはおおむね厚さ3cm以上。ただし家電・電子機器類はそれ以下でもヤマトで届く傾向があります。

以上はAmazon・郵便・ヤマト運輸のいずれの規則でも公式見解でもありませんので、あくまで参考としてお読みいただければ幸いです。

商品購入後のお届け先変更手続き

Amazonで買い物をして、無事ヤマトで商品が発送されたとしましょう。

発送後に受け取り場所を変更する方法は複数あります。

今回は、一番簡単な追跡画面のボタンからの変更を説明していきます。

追跡画面の確認

Amazonから届く商品発送メールには、お問い合わせ伝票番号が記載されています(赤丸で囲んだ部分)。

その番号をGoogleで検索したり、赤下線のリンクをクリックしたりすれば、ヤマト運輸の商品追跡画面「クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステム」を見ることができます。

 

その追跡画面がこちら。

Amazonの発送メールを受け取った直後、または追跡情報が表示されたばかりのときは、左下のお受け取り日時・場所変更ボタンはまだグレーで、押すことができません。

「※このお荷物は対象外です」とも書いてありますが、時間が経ってクリックできるようになればこの文言も消えます。

クロネコメンバーズで受け取り場所変更

この追跡画面を確認して、ボタンに色が付いたらクロネコメンバーズの画面に移動できます。

今回は発送メールから2時間ほどでこのボタンが押せるようになっていましたが、これまでの経験からするとこれはかなり早いほうです。

僕の住所までは輸送距離が長いということもあるのか、1日以上かかることもしばしばあります。

 


ボタンをクリックしてクロネコメンバーズにログインしたあとはこのような荷物を選択する画面になります。

「お受け取り日時場所の変更」の表で該当する番号をチェックして「次へ」を押しましょう。

 

さらに次の画面では、ラジオボタンの選択肢が並ぶこんな欄が現れますが、宅配ロッカー【PUDOステーション】などと書かれた選択肢は、まだ薄くグレーアウトしていてチェックを入れることができません。

ここでもあせらず選択できるようになるまで待ちます。

 

僕の場合だと、荷物が沖縄の最初の集配センターに来るまでは選択できないこともありました。

初めてのときはやきもきしましたが、何度か利用するうちに「こんなもんなんだ」と思って待てるようになりました。

地域によって、そのあたりのタイミングは異なるかもしれません。

 

今回はさらに1時間ほど待つと、選択肢がグレーから黒に変わりました。

住所や駅名から、近辺のPUDOステーションの設置場所を検索できます。

 


コンビニやロッカーが地図上と表に表示されるので、受け取りたいPUDOステーションを選択します。

 

僕は以前に利用したことのあるマックスバリュ八重瀬店で受け取ることにしました。

(今回説明のためにいちから選んでますが、これまでに使ったことのある営業所やPUDOステーションは受取店履歴として最初から選択肢に出ているので、二度目以降はもっと簡単に受け取り先を変更できます。)

確定ボタンを押すと受付完了。変更は1度しかできません。

「メールを送信する」にチェックを入れておくと受付完了のお知らせメールが届くので、あとは納品予定日に「納品完了のお知らせ」メールが来るのを待つのみです。

受取先変更を確認

受取先変更が終わると、追跡画面に「依頼受付(店頭受取)」の行が追加されています。

PUDOステーションの荷物受け取りの方法

さて、受け取り予定日がやってきて、PUDOステーションに荷物が納品されたというメールが届きました。

そのメール中に認証番号が記載されています。

 

 

この認証番号をPUDOステーションの画面に入力して、指で氏名をサインすることで荷物を受け取ることができます。

PUDOステーション。

扉を開ける方法は、納入完了メールに記載された番号をタッチパネルで入力して、指で名前をサインするだけ。

扉にも手順が書いてあります。

かちゃり。どの扉が開くかはお楽しみ。

 

※追記:実際に受け取ってきて記事にする予定でしたが、今回の荷物は、台風9号の影響で予定日に納入ができず、ヤマトのドライバーさんから電話があって翌日家に配達してもらうことになりました。メールとPUDOステーションの写真は過去に利用した時のものです。

PUDOステーション受け取りのデメリット

ここでPUDOステーションを受取先にするときのデメリットを説明させてください。

夜間でも受け取れるとか、玄関先で対応しなくていいとか、それなりにメリットのあるPUDOステーション受け取りですが、ヤマトゆえの、またはロッカーゆえのデメリットも存在します。

Amazonの配達予定日以降の受け取りになる

PUDOステーションの受け取り日は、Amazonが設定した当初の配達予定日以降になります。

たとえばこの荷物は8月2日に発送されていて、受け取り先を変更しなければ、当初の配達予定日いかんにかかわらず、通常沖縄県内の宛先に4日か5日には届きます。

でもさきほどの確定画面の画像内では、お受け取り可能日時が8月7日(水)14時以降となっていますね。

これはAmazonが最初から配達予定日を長めに見積もっているためで、クロネコメンバーズでは、この日付より前に日時指定をすることができません。

Amazonの配達状況確認画面。水曜日(7日)に配達予定になっている。

これがAmazonの受け取りにPUDOステーションを使うときの最大のデメリットといえます。しかし沖縄のようにお届け予定があまり先になることがなければ、大きな障害ではないかもしれません。

保管期間が実質2日半

PUDOステーションへの荷物の納入後、受け取りできるのが納入日当日の14時から翌々日までの実質2日半しかないのも、コンビニや郵便局と比べるとかなり短い設定です。

せめてあと1日伸ばして納入翌日から3日間であれば、だいぶ余裕が生まれるように思います。

PUDOステーションで受け取れる箱のサイズ

PUDOステーションで受け取れる荷物のサイズは、配送業者によって規定が異なっているようです。

ヤマトの場合は、縦・横・高さの三辺計が100cm以内かつ重量が10kg以内の荷物となっています。

このサイズを超えるとヤマト発送でもPUDOステーション受け取りに変更できないので注意してください。

僕が過去に受け取った荷物は、53.8x32.5x12cmと、三辺の計100cm以内で重さも10kg以内に収まっていましたが、Amazonから発送後いつまで待ってもPUDO受け取りに変更できず、結局家に届いたということがありました。箱の長辺が長かったのでしょうか。

Amazon発送の梱包は中身に対してむやみに大きいことがしばしばあるので、この点も不確定材料ですね。

ヤマト以外の配送業者、佐川急便や郵便について

ヤマト・佐川・日本郵便がメジャーですが、それ以外の配送業者も地域ごとに多数存在します。

(公式) Amazon.co.jp ヘルプ:配送業者の連絡先(一覧)

では、ヤマト以外には、どの配送業者がPUDOステーションに対応しているのでしょうか。

佐川急便

佐川急便では、一部のPUDOステーションのみ受け取り可能なようです。

以前は再配達からだけだったのが、今は「WEBトータルサポート」から直接変更できるようになっている模様です。

PUDOで佐川急便の荷物を受け取ってきた!使い方や受け取り方法は?
「PUDO」という宅配ロッカーサービスを使ってみました。 時間指定の時間に家に帰れない、休日でも到着を待つ時間…
佐川急便で プドーステーションを ご利用方法を 教えてください - 再配達依頼は どこで行えば良いですか?すいません
佐川急便で プドーステーションを ご利用方法を 教えてください 再配達依頼は どこで行えば良いですか?すいません 佐川急便のユーザーIDを登録してください登録を終了し、「WEBトータルサポート」にログインしたら「受取先変更申込」→「受取方法選択」→「宅配ロッカーで受取る」→「受取地域選択」と進み受取を希望するPUDOス...

【サービスご利用可能PUDOステーション設置場所一覧】

郵便

郵便では首都圏を中心とした1都4県のみPUDOステーションを利用できるようです。

そのなかで東京都と神奈川県は設置数がかなり充実しているので、場所的には不便がなさそうです。

【サービスご利用可能PUDOステーション設置場所一覧】

ゆうパックの受け取りを便利にするサービス - 日本郵便
ライフスタイルに合わせた受取方法を選んでいただく事で、便利にゆうパックのお受取りができます。

このページによると、日本郵便のe受取チョイスというクロネコメンバーズの「宅急便e-お知らせシリーズ」に似たシステムその他で、商品発送後の受取先の変更が可能です。

ここで「はこぽす」対応のPUDOステーションに変更できるのかもしれません。

僕の近所にはこぽすに対応したPUDOステーションがあれば、自分で試してみるのですが。

Amazonからの郵便(ゆうパック・ゆうパケットその他)をPUDOステーションで受け取れた方がいたら、コメント欄で報告いただければ幸いです。

その他のデリバリープロバイダ

Amazon.co.jp は地域ごとに多数の配送業者と提携し、商品を発送しています。

カトーレックその他のこれらのデリバリープロバイダも、一部はPUDOステーションに対応しているところがあるようです。

おそらくこれもそれぞれヤマトと同様に、発送後に受取先を変更するような手続きになると思われます。

(公式) Amazon.co.jp ヘルプ:配送業者の連絡先(一覧)

なお、ヤマト・佐川・郵便を含め各配送業者の追跡サイトへも、このヘルプページから行くことができます。

その他の補足情報

遅配のときの対応

今回、PUDOステーションへの荷物の納入日がちょうど台風の直撃に当たってしまい、自宅への配達に変更となりましたが、去年にも一度似たケースがありました。

このときも同じく台風で、納入予定日の朝Amazonから「本日配達予定」メールが来たものの、クロネコメンバーズからの納入完了メールは終日届かず、翌日再びAmazonからの配達予定メールが来たのち、昼に納入完了のメールが来て、仕切り直しでその日から3日間の受け取り期間が設定されていました。

受取先変更の別の入り口

受け取り先の変更は、今回説明した追跡画面のボタン以外にも、商品発送後にクロネコメンバーズから届くお届け予定eメール内のリンク、さらにクロネコメンバーズサイト内のmy荷物問い合わせからも変更画面に移動できます。

宅配ボックスへの配達

先にリンクしたデリバリープロバイダには、対象商品についてはAmazonの購入時に直接、宅配ボックスなどへの「置き配指定」ができる業者があります。

(公式) Amazon.co.jp ヘルプ:置き配指定

宅配ボックスは2000円前後から購入できるので、これを玄関先に設置することで不在時に荷物を配達してもらうことができます。

 

2020年3月18日追記:

まだ一部のPUDOに限られるようですが、現在、Amazonの受取先として、注文時に直接PUDOステーションを選択できるようになってきています。

コメントにて情報を寄せていただきました。皆様ありがとうございます。

本来PUDOステーションに期待したのはこれですよね。

僕もPUDOステーション利用のたびに、「荷物の受取先に指定できるといい」とアンケートに答えた甲斐がありました。

多くの人の要望が届いた結果だと思います。

コメント

  1. 匿名 より:

    コメント失礼します。
    いつからよくわかりませんがアマゾンから直接PUDOで受け取れるようになりました。場所はまだ限られているけど。。。我が家から離れていますのでまだ使ってないですが、参考まで!

    • 堂周 堂周 より:

      コメントありがとうございます。お返事が遅れてすみません。
      Amazonから直接受取先に指定できるPUDOステーションも出てきてるんですね。荷物の受け取りがもっと簡単に、便利になりますね。
      この記事で紹介している方法は多少面倒な手続きを挟むので、僕の近辺でもそれができるようになるのを楽しみに待ちたいと思います。有益な情報をありがとうございました。

  2. 匿名 より:

    私もPUDOでAmazonの荷物を受取りできました。受取りスポットを変更したら宅配便ロッカーと表記され、狛江市役所前のPUDODで受取りできました。PUDOで受取りできると助かります。
    皆さんも受取りスポット変更で確認してみて下さい。

    • 堂周 堂周 より:

      コメントありがとうございます。狛江でもPUDOで受け取れるようになってるんですね。対象地域が広がるのを期待したいです。

  3. 匿名 より:

    私もAmazonの荷物をPUDOで受取りました。受取りスポットの変更をしたら宅配便ロッカーと表記され、もしかしたらと思い確認したところ、狛江市役所のPUDOで受取りできました。とても便利です。

  4. 匿名 より:

    私も運良く会社帰りの乗換駅近くのPUDOを受け取り先に指定できました!これまでフリマを出す時しか使っていなかったので助かります!PUDOは家の近くに沢山あるので、そこでも受け取れるようになるともっと嬉しいです。

    • 堂周 堂周 より:

      コメントありがとうございます。日常的に利用しやすいPUDOで受け取れるようになるともっと便利になりますね。

  5. 匿名 より:

    私も会社帰りの乗換駅にあるPUDOで受取が出来るのを発見しました。これまでフリマの発送でしか使ったことがなかったので、時間を気にせずにロッカーで受け取ることができて快適でした。受取はPUDOの画面に7桁の数字を入力して、画面にサインするだけ。簡単でした。家の近くのPUDOでも早く受取できるようになるといいですねー。

    • 堂周 堂周 より:

      コメントありがとうございます。Amazonから直接届く場合でも、受け取り方法は簡単そうですね。今後すべてのPUDOステーションが対象になっていくといいなと思います。

      • 匿名 より:

        東京メトロ押上駅でもPUDOで受取り可能のようです。受取りスポット変更で確認できました。堂周様の言うように今後、すべてのPUDOが対象だとものすごく便利ですね。

  6. 匿名 より:

    関西方面でもAmazonの受取ができるようになったみたいです。

タイトルとURLをコピーしました