英語多読まとめ 100万語までの長いようで短い道のり

100万語読破をめざして、英語の多読を始めています。

最初は1年以上かかるかも…と考えていたけれど、案外それより早く到達しそう。この記事ではその経緯の報告と、関連記事をまとめます。

序盤はラダーシリーズと、無料Kindle本を中心に読んでいきます。

英語多読100万語までの月ごとの感想

始めるきっかけ

ふとした思い付きから講談社英語文庫の『不思議の国のアリス』を読んだことから、「英語100万語多読」の存在を知り、それで始めてみようと思いました。

現状、とくに英語の必要に迫られているわけでもなく、「まあやってみようか、もし完走できたらおめでとう」くらいの軽い気持ちでスタートしました。

バックボーンとなる参考書

多読を始めるにあたっては、『快読100万語! ペーパーバックへの道』という文庫を参考にしました。

英文多読という方法論ができあがってきた過程やそのポリシーがまとめられている本で、これから多読を始める人にとって、一定のガイダンスになる本だと思います。

1か月目 不思議の国のアリス

最初に読んだ本は『不思議の国のアリス』。このときはまだ多読を意識していませんでした。

大人が英語と日本語訳を比較しながらはじめて読む『不思議の国のアリス』
なにかやさしい英語の本を読もうと思い、「講談社英語文庫」で検索して、その中からルイス・キャロル作『ふしぎの国のアリス ALICE’S ADVENTURES WONDERLAND』を購入した。 これと角川文庫の『不思議の国のアリス』(河...

『不思議の国のアリス』を読み終えたところで、英語多読というものを知り、この本から始めたことにしました。

英語多読 1か月目 最初は『不思議の国のアリス』から
講談社文庫の『不思議の国のアリス』を読んで多読を始めた 英語と日本語でアリスを読む 先月、英語版の『不思議の国のアリス』を2度読んだ。最初は翻訳にあたりながら、段落ごとに英語と日本語を交互に読み、2度目は英語でまず1章読んでそのあと日本...

今から考えると、『不思議の国のアリス』の原著はまあまあ難しいです。30万語くらい読んでからでもよかったかも。

1か月目に読んだ語数は5万2000語でした。

2か月目 ラダーシリーズと児童書

2か月目は、あらためていちばんやさしいところから始めようと、児童書の無料電子書籍と、ラダーシリーズを中心に読んでいました。

ラダーシリーズは簡単な英文から段階を踏んで難易度が上がっていくので、英語多読にはうってつけでした。

巻末に単語がまとめられていたり、本のカバーや出版社IBCパブリッシングのサイトで語数も確認できるので、さらに好都合です。

出版社サイトでは「書籍情報」のタブで単語数を確認できます。

ラダーシリーズの語数

その2か月目の記録はこちら。

英語多読 2か月目 ラダーシリーズと児童書
100万語を目指す多読2か月目は、ラダーシリーズを手に取ってみた。 ラダーシリーズは多読向き レベルと語数 IBCパブリッシングのラダーシリーズは語彙力に応じたレベル別の展開で、カバーの裏表紙に語数も示されているので、100万語までの...

累計20万4000語まで進みました。

洋書の語数の調べ方

ラダーシリーズ以外の本の語数を手っ取り早く知りたいときは、書名に「word count」を加えて検索すると、おおよその語数がわかる(推測できる)ことが多いです。

英語の本〈洋書〉の語数の調べかた
100万語を目指して英語の多読を始めると、いま読んでいる本や、次に読む本の語数が知りたくなる。 ラダーシリーズなどでは、カバーや出版社のサイトでそれぞれの本の語数を調べることができるけれど、それ以外の一般の書籍や0円で読めるKindl...

3か月目 ラダーシリーズのレベル2とレベル3

3か月目はラダーシリーズのレベル2を終えレベル3に進みました。

レベルが同じでも、それぞれの本の難易度にはけっこう差があるのがわかってきました。

ラダーシリーズのほかに、『オズの魔法使い』や『ジャングル・ブック』などの児童文学の古典の原著や、マクミラン・リーダーズでマイケル・ジャクソンの伝記も読んでいました。

英語多読 3か月目 ラダーシリーズの難易度の差
多読3か月目となる今月は、引き続きラダーシリーズから、レベル2とレベル3を中心に読んでいた。 ラダーシリーズは同じレベルでも難易度に差がある ラダーシリーズのレベルは語彙量基準 ラダーシリーズのレベルは、使われている単語の語彙...

3か月目は累計48万2000語まで進みました。もう少しで中間地点。

Lexile指数で難易度を把握する

英語の本には、Lexile Level(レクサイル指数)という読書の難易度の目安がわかるものがあります。

Lexile指数は多読にも使える洋書の難易度のざっくりした目安
英語の多読に「そこそこ使える」目安として、Lexile指数を紹介したい。 レクサイル指数(Lexile Level)は、英語の本の難易度を大まかに知るための基準としてけっこう役に立つ指数なのだ。 英語多読の難易度の目安としてざっくり...

ときどき首をかしげるような数字になっているものもありますが、次に読む本を探すときの大まかな目安にはなります。

Amazonでも売れ筋の本がLexile指数別にまとめられています。

4か月目 ラダーシリーズのレベル4

4か月目はラダーシリーズのレベル4を中心に読んでいました。

今月は折り返し地点の50万語を超え、70万6000語まで進みました。

英語多読 4か月目 ラダーシリーズのレベル3とレベル4
英語多読4か月目になる今月は、Kindle本の児童書と、ラダーシリーズのレベル4を中心に読んでいった。 ラダーシリーズのレベル3 オペラ座の怪人 『オペラ座の怪人』は、これまでに読んできたレベル3のなかでいちばん易しく感じた。...

 

今後

このまとめの最終更新は2021年3月2日。5か月目に入りました。今後も100万語到達までの道のりを追記していきます。

タイトルとURLをコピーしました