切り抜き・落書き・レシート…古本に挟まっていたモノたち

ここ2,3年で買った古本に挟まっていたものを集めて載せてみた。

新刊書に挟まっている月報などのチラシ類もよく挟まっているが、前の持ち主がしおりとして使ったと思しき紙類なども、古本にはまれに挟まったままになっている。

一番種類が多いのはレシートだが、それ以外のものが出てくるとちょっとうれしかったりする。

古本に挟まっていたもの一覧

切り抜き

森茉莉『貧乏サヴァラン』には、新聞に載ったこの本の書評の切り抜きが挟まっていた。

これは地元(沖縄県)のブックオフ実店舗で買った本で、新聞も地元紙だった。わりと近い場所から漂流してきている。

落書き

シールに描かれた子供の落書き。これもたぶん同じ『貧乏サヴァラン』に挟まっていたと思う。もしかしたら一緒に買った別の本かもしれないけど定かではない。絵柄は金棒を持った鬼だと思われる。

裏は女の子と星とチューリップを描いてあった。

 

書店のしおり

ブックガーデンのしおり。行ったことのない土地の書店のしおりが挟まっていると、遠くからやってきたのだなと思う。

ブックエクスプレスのしおりもあった。

 

半券

土門拳の『腕白小僧がいた』には、山形県酒田市の土門拳記念館の入館券の半券が挟まっていた。最初の持ち主は館内で購入したのだろうか。

 

レシート

レシートはよく挟まっている。鴨下信一さんの『忘れられた名文たち其ノ二』には、ジュンク堂三宮店のレシートが。

日付は98年の6月17日だった。およそ20年を経て僕のところに届いたことになる。

『二十四の瞳』の文庫には、ブックオフセンター街店のレシート。センター街店は2018年7月に閉店している。

『国民クイズ』の4巻には、ブックオフ青葉美しが丘西店のレシートが。

そしてこの店舗も2019年7月に閉店していた。あざみ野かたまプラーザが最寄りだけど、駅から遠かったかな。

『全国古本屋地図’98改訂新版』には、正誤表と、この本を買ったと思われる書店のレシートが早稲田周辺のページに挟まっていた。

東京・大阪や京都のページの隅が折られていたり、几帳面な字で正しい住所に修正されたりしていて、この本を持って東京と近畿の古書店巡りをしたのだろうと思われる。

 

そのほかに挟まっていたもの

青林工藝舎版の『刑務所の中』には…、

カバーをはいだ表3に閲覧票が貼り付けてあった。

検索してみると、閲覧票は刑務所や拘置所に本が差し入れされるようなときに貼られるものらしい。

ということは、この本も刑務所帰りなんだろうか。それとも装丁の一部なのか? 題材が題材だけに判別がつかない。

『谷内六郎展覧会 冬・新年』には82年2月の「今月の新刊」と、ホテル熱海静観荘 レストランシアター・サーフクラブのメモ用紙が挟まっていた。

静観荘を検索すると箱根湯本の高級温泉旅館しか出てこないが、移転したのだろうか。

以前静観荘があった場所には、いまはソフィア熱海デイサスというマンションが建っているようだ。寛一お宮の像の近くにある。

この(旧)静観荘に、付きのバンドマンとして長期滞在した人のブログがあった。

熱海 #1 1976年5月
今から40年程前、ぼくがまだ19才だった頃、ひょんなことから熱海の温泉旅館で暮らすことになりました。 1976年の5月から6月ぐらいまでの僅か二ヶ月程のことですが、この二ヶ月間の出来事が、その後の自分の音楽人生に多大なる影響を及ぼしました。話は多少長くなりますが、何回かに分けて...

 

これはブックオフオンラインで買った品物の状態が悪かった時に入ってくるしおり。その本の商品代は0円になるので得した気分になれる。

しかしもっとひどい状態の悪い本があっても、それにはついてこなかったりする。

 

前川つかさ『なにもないシアワセ大東京ビンボー生活マニュアル』の見返し(遊び)には、手書きの販促用付箋が貼られていた。

新刊のシュリンクに貼られていたものを買った人が挟んでおいたのだろう。CDのオビをケースに挟み込んで取っとくみたいに。

 

琉球大学の生協で15年前に買われた本が2019年にブックオフオンライン経由で沖縄に還流してきた。本は『新!おきなわキーワード』。

 

どの本に挟まっていたか覚えていないけれど、1980年の映画のしおり。文庫のしおりが映画の割引券になっている角川映画の販促手法があったのはなにかで読んだことがある。

僕が記憶している古い角川映画と言えば薬師丸ひろ子や原田知世主演の(原作赤川次郎・筒井康隆・つかこうへい・宗田理)×新人アイドルの作品だけど、『復活の日』は小松左京原作でそれより少し前の時代のもの。

 

江分利満氏の優雅で華麗な生活

山口瞳『江分利満氏の優雅で華麗な生活』には、羽田から高松空港への搭乗券が挟まっていた。おじさんが読みそうな本だけれど、印字されている名前は女性のようだった。

 

『闇に学ぶ』からは、Amazonの出荷明細が出てきた。いまはもうAmazonで物を買ってもこのような明細は入らなくなっているが、これも個人名が出ているのでしおりとして使っているとうっかり流出してしまうことがある。

 

『サルでも描けるまんが教室』1巻には、ぺらぺらのプラスチックの定規が挟まっていた。この本の付録らしいけどよく発行以来30年も挟まったままになっていたものだ。

というかこの本はネット通販で買ったんだけど、普通のコミックスサイズかと思ったらA4くらいあるでかい本だった。

 

これらのほかにも、漫画雑誌の切り抜きがその単行本に挟まっていたり、古本ではないが自分で十数年前に挟み込んだレシートやガムの包み紙が出てくることがある。

文庫の「今月のラインナップ」的な紙を広げて眺めているうちになんとなくしみじみしてしまうこともある。

いまも全国の古書店の本棚で買い手を待つたくさんの本の中に、昔を偲ばせるいろんな紙類が挟まったままになっているのだろう。

今後も買った本になにか挟まっていたらまた追記していきます。

タイトルとURLをコピーしました