古本に挟まっていたもの~しおり編

しおり

新刊本を買ったときにしおりが入っていることが多いけれど、古書を買ったときにも、ときどきしおりが挟まったままになっていることがある。

このページでは、そんなしおりを集めてみた。

古本由来のしおりいろいろ

文庫や新書などの本を買うたびに、いつの間にか溜まっていくしおりたち。

とくにコレクションの意図がなくても、集めてみるとこれくらいはあった。

本棚の中で本に挟まったままのものも、まだあるはずだ。

しおり

見慣れた大手出版社のしおりがいちばん多い。

そうしたしおりはすでにたくさんあるので、迷わず捨ててしまう。

ただ中小の出版社とか、行ったことのない書店のしおり、古めのしおりなどが入っていると、こうして取っておいたりもする。

書店のしおり

左から、三省堂書店、八重洲ブックセンター、メトロ書店。

このうち僕が行ったことがあるのは三省堂と八重洲ブックセンター。

東京堂書店、ブックエキスプレス、オリオン書房。

ブックエキスプレスは駅ナカの書店だそうで、ここもどこかの駅で入ったことがあるかもしれない。

ブックガーデンのしおりは、松井計さん『ホームレス作家』に挟まっていた。

この本を読んだのは、僕がインフルで高熱を出していた時。

体調が最悪で頭ももうろうとしていたんだけど、「どう考えてもこの人よりは自分の状況のほうがまだましだな」と思いながら読んだのをよく覚えている。

「家で読んでいても家に帰りたくなる小説」として、僕のなかで夏目漱石の『坑夫』とツートップだ。

 

ちょうどいま読んでいる井川博年さんの詩集にも、丸善ラゾーナ川崎店のしおりが入っていた。

都内や東京近郊の書店のしおりがほとんどなのはちょっと不思議。

大手以外の出版社のしおり

冨山房(ふざんぼう)百科文庫と、雷鳥社のしおり。

雷鳥社のキャラクターがかわいい。

古いしおり

ちくま文庫のこのデザインのしおりは懐かしい。

僕が高校生くらいの頃はこうだった。1990年ごろ。

広辞苑のしおりは、第4版が3枚、第5版が3枚、第6版が4枚に、iモード版のしおりが1枚ある。

刷りの色が違うのは何だろうか。

ひょっとして、岩波文庫の帯の色に対応していたりして。

古そうなレナウンのスポーツウェアのしおり。70年代のものだろうか。

裏は光文社文庫だった。

復活の日

別の記事でも載せたけど、最近の新型コロナで再び脚光を浴びている『復活の日』(1980年)のしおり。

角川文庫のしおりが映画の割引券を兼ねている。

その裏はビーバーエアコン。

その他のしおり

出版社以外のしおりも挟まってくる。

左から、e-hon、楽天ブックス、読売新聞、ブックオフオンライン。

ブックオフオンラインのこの黄色いしおりは、「本の状態が悪いので無料にしておきました」というときに挟まってくるものだ。

オオヨシキリという鳥。裏は白紙だった。

丸井で引越。これも90年ごろの雰囲気がある。

「丸井で引越」の裏。

東京の市内局番が4桁になったのは91年だそうなので、やはりそれ以前のしおりだろう。

図書カードのしおりもあった。

関連記事

しおり以外に挟まっていたものは、こちらの記事で。

切り抜き・落書き・レシート…古本に挟まっていたモノたち
ここ2,3年で買った古本に挟まっていたものを集めて載せてみた。 新刊書に挟まっている月報などのチラシ類もよく挟まっているが、前の持ち主がしおりとして使ったと思しき紙類なども、古本にはまれに挟まったままになっている。 一番種類が多...
タイトルとURLをコピーしました