ひらがなばかり書いていた2月

ペン字の練習

2月をツイートで振り返ってみる、月末恒例の記事です。

ほんとうなら今月は、外に出てウォーキングやジョギングをしていたかったんだけど、おおかたの皆さんと同様の理由で、基本的に家にこもりがちの月になった。

2月はペン字の練習などをしていました

2月の世の中

先月末の記事にも書いた新型コロナウィルスの流行は、今月も収束を見せなかった。

炎症系が長引きやすく入院の経験もある僕には、万が一感染しても年齢からいってまあ死にはしないだろう…とはとても思えず、恐々としている。

政府の専門家会議は、2月最終週の頭に「ここ1~2週間が山場」などと言っていたけれど、それから1週間が過ぎてなにか具体的な対策が始まるわけでもなく、きょう29日の首相の会見でも「これから2週間程度あらゆる手段を尽くす」とまだ同じようなことを言っているので、おそらくその”2週間”の終わりは、かなり先になるだろうと予想している。

せめて体調管理と衛生面に気を使って、感染予防を徹底したい。

2月に周辺で変わったこと

よく行くスーパーの近くにヤマトの営業所ができていて、Amazonの荷物をそこで受け取れるようになった。

ただ万年筆のインクとか散髪用のケープとか、買いたいものによってはなぜか自宅しか受取先に指定できないものがけっこうあって、いまのところはさほど便利になった実感がない。

豊崎の町並みはブロックをまたいで人がそぞろ歩く作りにはなっていなくて、隣のとみとんやヤマダ電機に行ったときに、本屋にもついでに寄っていこうかとはなかなかならない、孤立した感じもあるにはあった。

ペン字

ペン字の練習をしている。

仕事がもっぱらPCで、手書きで文字を書く機会が少ないので、たまに封書のあて名を書いたりすると、右に左にふらつく自分の字にぎょっとしたりする。

先日の記事にも書いたように「読書+ペン字+書き取り」のコンボが案外に楽しい。一日の終わりに無になれるひと時だ。

スティーヴン・ガイズ『小さな習慣』実践記と、向いてる習慣、向かない習慣
スティーヴン・ガイズさんの著書『小さな習慣』を読んで、僕も3つの習慣づくりを始めてみました。 『小さな習慣』は、数年前に発売されてベストセラーになり、多くの読者から高い評価を得ている本で、今回この本を初めて読んだ僕にも、好ましい変化を...

ペン字の練習

 

2月に見たDVD

今月は『ジェイン・オースティンの読書会』『オーシャンズ13』『ロッキー・ザ・ファイナル』『コラテラル』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『同Part2』『同Part3』『スラムドッグ$ミリオネア』『シンドラーのリスト』『アイ・アム・レジェンド』を見た。けっこう見たな。

バック・トゥ・ザ・フューチャーは10代以来だけれど、当時は2作目が一番面白いと感じていたのが、いまだとそうでもなかった。僕の中で3作目の評価が今回おおきく上がった。

当時の遠い未来(2015年)がもはや過去となり、西部劇時代の過去(1885年)も絵空事のような大昔とは感じなくなって、物語から受け取る情報が変化している。3作それぞれ面白いが、映画としての完成度はやはり1作目が抜けている。

あとは『ジェイン・オースティンの読書会』と『コラテラル』が良作だった。

スポンサーリンク

新型コロナ

外出時はマスクをし、人の集まる場所を避け、むやみにものに触れないなどのほか、手洗いと帰宅時のうがいを徹底している。

2月に買ったもの

靴屋でアディダスのGLX4なども履いてみて、そのうえで、値段が4分の1のスニーカーをワークマンで買った。

アディダスと比べれば、たしかにフィット感に心もとない感じはあるものの、1時間以内のウォーキングには全く支障はない。

ただ新型コロナの心配がなくなるまでは、外で運動しようという気にはなかなかなれないでいる。

投げ売りの安いズボンを買ってわーい得したと喜んでいる。

季節感

冬らしい寒さをほとんど体験しないまま、もうそろそろ春が来る。

タイトルとURLをコピーしました