ルーズリング(カール事務機)を使ってルーズリーフのバインダーを自作してみた

ルーズリング カール事務機

表紙付きの折り返せるルーズリーフ用バインダーを作るよ

記入したルーズリーフをまとめるのに、ぼくはコクヨの「キャンパススマートリング」というバインダーを使っている。

コクヨスマートリング

このスマートリングの特徴は、一般のルーズリーフ用バインダーと違って、リングノートのように表紙を折り返せるところだ。

(画像はコクヨの公式サイトより)

こうして折り返せるのは便利だ。とくにぼくはルーズリーフを縦書きメインで使っているので、読み返すときに折り返せるのとそうできないのでは、使い勝手に雲泥の差がある。

スマートリングには60枚綴じと25枚綴じがあり、ぼくは60枚のほうを使っている。

今回はこれと同じものを手作りしたい。

ルーズリングでルーズリーフバインダーを自作する

今回はルーズリングを使って、スマートリングと同じように表紙を折り返せるルーズリーフバインダーを作ってみたい。そうすればスマートリングより価格的にもお得なのだ。

ルーズリングというのは、カール事務機から出ているルーズリーフ用の綴じ具だ。

そのままの状態でA4サイズに対応しているが、好きな長さに切って使うことができるので、B5やA5、それ以下のサイズの用紙もファイリングできる。

ルーズリングの穴径には8mm、10mm、12mm、14mmの4種類があり、それぞれ30枚、70枚、100枚、120枚綴じに対応している。

ルーズリング カール

ぼくが今回買ったのは、穴径が10mmの70枚綴じタイプ。

使っているルーズリーフがB5なので、そのサイズに合わせて切って使う。

表紙をどうするか問題

ところで、ルーズリングでバインダーを作る場合には、表紙をどこかから持ってこないといけない。

まあなければないでいいのかもしれないけど、カール事務機さんにはA4、B5、A5くらいのサイズの表紙も作っていただけたらと思う。

クリアホルダーを表紙にする

今回はクリアホルダー(クリアファイル)を表紙に流用してみることにした。

プラスのこれを買いまして…、

クリアホルダー

1枚取り出した。

クリアホルダーなのでコクヨのスマートリングの表紙と比べればペラペラではあるのだけど、まあとりあえずこれを表紙にしてみよう。

スクリューポンチで穴あけ

こういう穴あけ作業にはゲージパンチが優れている。

でもぼくは手持ちの道具で何とかしてみようと思う。

スクリューポンチ

スクリューポンチという道具がある。レザークラフトなどでよく使われるもので、押し込むと筒状の刃が回転して対象に穴をあけることができる。

こういう仕組みのねじ回しもありますね。

このスクリューポンチで、クリアホルダーに4mmの穴をあける。付属の替刃は6種類あるけれど、一番大きくて4mm径なのだ。

2穴ポンチの穴には、直径5.5mm~6.5mmという規格があるそうなので、4mmはやや小さい。ルーズリングのリングがぎりぎり通る大きさだ。

まずはルーズリーフを1枚、テープでクリアホルダーに仮止めする。

このルーズリーフの穴に合わせて、クリアホルダーに穴をあける。

スクリューポンチで穴あけ

こんなふうに穴をひとつひとつあけていく。

26か所の穴をあけた。

ルーズリーフの穴の中心をよく見定めてあけたつもりだったけど、2,3か所リングと合わない箇所があって、あとで穴を広げて修正する必要があった。

やはりゲージパンチのほうが正確にきれいな穴が開いて簡単でいい。

ルーズリーフのサイズに合わせる

次はA4サイズのクリアホルダーを切って、B5のルーズリーフのサイズに合わせる。

カッターでも構わないけど、いつも書籍のデジタル化のときに使っている裁断機を使う。

そういえばこれもカール事務機の製品だった。

こんなふうに紙より少し大きめに端を切り落としまして、

繋がっていた部分も切り離します。

ルーズリングで綴じる

ルーズリングはA4の30穴まで対応できる。

今回の用紙は26穴なので、4つぶんははさみで切り離す。

この余った部分も、あとでメモ帳などを作ったりして使うことができる。

ルーズリングはこのように開く。

これを開くための専用の道具もあるのだけど、ボールペンなどで代用することもできるようだ。

コクヨのスマートリングの中身を取り出してルーズリングで綴じてみた。

見た目はなかなかきれいにできている。

表紙は薄いけれど、これはこれでいいんじゃないかと思ったりする。

70枚綴じといいながら、ページを数えてみるとこれで80枚以上綴じている。

なのでややキャパオーバー気味だ。

背側から見たようす。

スマートリング60は60枚綴じなのに、ルーズリングの70枚綴じよりも収容枚数に余裕があることがわかった。

同じ枚数を綴じてもスマートリングだとこうなる。

あと、カドが直角だった部分は、先日もレビューしたかどまる3で丸めておいた。

見た目がこんなふうにさらによくなった。

かどまる3 簡単コーナーカッター購入&レビュー 薬の錠剤のシートの角も丸まるぞ
サンスター文具のコーナーカッター、「かどまる3」を買った。 これを使えば、紙や薄いプラスチックなどの角を半径5mmの円形にカットすることができる。 かどまる3の使用感レビュー かどまる3のエコなパッケージ Amazonでは「かど...

別のバインダー表紙の作り方

表紙の作り方はほかにもいくつか考えてみた。

インデックスシートを使う

ルーズリーフ用のインデックスシートのタブ部分を切って表紙にするのもいい。穴はすでに開いているし、クリアホルダーより厚みも硬さもあるはずだ。

ネットで買えるものでは無印のものがいいと思ったけど、これだけ買うと送料が高くついてしまう。もし買うなら他のものと一緒にして送料の割高感を相殺して買いたい。

インデックス・ベージュ | 無印良品
紙で出来たファイル用のインデックスです。

中表紙を入れる

クリアホルダーなどを使う場合には、表紙が透けているのできれいな中表紙を入れてもいいと思った。柄ものの和紙とか、雑誌の切り抜きとか。

表紙向きのクリアホルダー

キャラクターもののクリアファイルを表紙にしてもいいかもしれない。

A4とかA5のクリアホルダー(クリアファイル)は見つかるけれど、B5があまりない。

まとめ ルーズリーフバインダー自作で使った道具と、あれば便利な道具

今回は、カール事務機のルーズリングを使って折り返せるルーズリングバインダーを自作してみた。

思い付きだけでやってみたのだけど、穴あけのクオリティ以外は満足できるものができた。

ルーズリング自体が安いものなので、作れば作るほど既存のバインダーを買うよりコストがかからないメリットも出てきそうだ。

ただやはり穴あけはゲージパンチでしたほうがいいだろうとは思う。

効率でも仕上がりの美しさでも、ポンチで開けるのとは格段の差がありそうだ。

ちなみにスクリューポンチでいいのが欲しければ、野中製作所のもの一択となるらしい。ぼくが持っているのは安物。

野中製作所のものは、パッケージも工具と思えないかわいさだ。

リンクの画像横の▶を押すと裏面も見れる。こんなパッケージだと捨てられない。

タイトルとURLをコピーしました