りゅうぎん通帳アプリを導入して紙の通帳を廃止しました

琉球銀行のりゅうぎん通帳アプリを導入しました。

ぼくは琉球銀行の口座をおもにネット通販用として使っており、これまでは、ネットから琉銀の残高を確認したいときには琉球銀行のインターネットバンキングを利用していました。

しかしこのネットバンキングは、ログオン時に毎回契約者番号やログオンパスワードの入力が必要で、少し煩わしくもありました。

アプリ導入のデメリットはこれまでの紙の通帳が利用できなくなることで、これにはしばらく迷いましたが、11月30日までに利用開始すれば500円貰えることにも後押しされ、アプリに乗り換えることにしました。

アプリを導入したことで、入出金履歴や残高がより簡単にから確認できるようになっています。

りゅうぎんIDとりゅうぎん通帳アプリの準備

琉球銀行のサイト

りゅうぎん通帳アプリのダウンロードQRコードや登録方法などのもろもろは、こちらの琉銀のページからご覧になれます。

りゅうぎん通帳アプリ|琉球銀行(りゅうぎん)
「りゅうぎん通帳アプリ」は預金残高・入出金明細を簡単に確認できるスマートフォン用アプリです。紙通帳との併用はできませんので、ご了承ください。

りゅうぎんIDの準備

りゅうぎん通帳アプリを利用するには「りゅうぎんID」が必須ということで、まずはそのりゅうぎんIDを取得しました。

りゅうぎんID|琉球銀行(りゅうぎん)

登録フォームに必要事項を入力していきます。上記のページや通帳アプリ内からでも入力できます。

必要事項は、

  • 店番号
  • 口座番号
  • 名前(カタカナ)
  • 生年月日(西暦)
  • キャッシュカードの暗証番号
  • 届出電話番号の下4桁
  • ユーザー名(6文字以上)
  • パスワード(8文字以上)
  • メールアドレス

店番号と口座番号はキャッシュカードのおもてに表示してあります。

これらの内容を入力して先に進むと登録確認用のメールが届くので、そのメール内のリンクをクリックして登録を完了します。

りゅうぎん通帳アプリを利用してみる

初回のアプリ起動

初回の起動時には、さきほど登録したりゅうぎんIDのユーザー名とパスワードを入力して、通帳アプリに登録する口座を選択します。

これですべての準備が完了です。

こちらがアプリ起動時の画面です。一番上に現時点の残高が表示されています。この残高は表示と非表示を切り替えられます。

中央に通帳の画像があり、その下には直近の取引金額2件が表示されています。通販でのクレジットカードの引き落とし分と、ネットで宝くじを買ったときの末等の入金です。

通帳の画像か「もっと見る」をタップすると月ごとの表示に切り替わります。(通帳の画像をもっと小さくして、明細の表示件数を多くしてもらえるともう少し見やすくなるのではないかと思います。)

この縦画面表示で確認できるのは入出金額だけで、残高の推移がわかりませんが、スマホを横にすると横位置の表に切り替わり、取引ごとの差し引き残高も併せて表示されます。

月単位などで期間指定してPDFも出力できるようですので、明細の写しが必要なときには役に立ちそうです。

紙の通帳を廃止してアプリの通帳へ

紙の通帳の廃止

これで長年親しんできた紙の通帳がなくなりました。寂しさもありますが、それよりも琉球銀行には将来にわたってアプリの安定的な運用をお願いしたいですね。

またユーザー個人の側がスマホとネット環境を維持していく必要もあります。

追記:通帳なしでもATMで預金できる

その後、琉球銀行のATMを利用する機会がありました。

紙の通帳がなくても、現金とキャッシュカードだけでATMから預金ができることを確認しました。

タイトルとURLをコピーしました