Amazonの荷物が発送翌日に沖縄県まで届いたよ(ヤマト配送)

以前、Amazonの荷物は発送から何日で沖縄まで届くのか、という記事を書いた。

Amazonで買った品物は沖縄まで何日で届くのか?
以前は、通販サイトのAmazonで買い物をして、発送された荷物が沖縄県の自宅に届くまで、発送後中1日ということが多かった。 中1日、つまり発送の翌々日に届くのが最速で、それより時間がかかると遅いなあと思ったりしたものだ。 それが...

その記事の中では、郵便では発送翌日に届くこともあるのにヤマトでは翌々日が最短記録で、しかも近ごろじゃ以前より遅くなってるんだよね、みたいなことも書いた。

しかし今回初めて、ヤマト扱いの荷物が発送翌日に沖縄県の自宅に届いたので、ヤマト運輸の名誉回復じゃないけど、公平を期してここに報告しておきたい。

 

商品は12月2日に購入して4日に発送され、翌日5日に到着した。

 

しかし今回は普段の配達と違う部分もあった。

ヤマトの追跡画面では、荷物の受け付けが沖縄の支店始まりだ。

普通はあとからでも実際の受付場所(川崎AFCとか)が反映されるけれど、今回は荷物が到着したあともそれが表示されていない。

箱に添付されたシールからは、3日にはパッキングと伝票の発行が済んでいたことが推測できるので、追跡画面の記録上はともかく、実際の発送は3日だった可能性もあるのかも。

 

でもまあ、何年もAmazonを利用していて、ヤマト扱いの荷物が発送の翌日到着という実績が出たことは今回が初めてだ。4日の夜に発送メールを受け取っていたので、5日朝に本日配達メールが来て、えっ今日届くの? と驚いてしまった。

ただ、僕はヤマトに限らず、流通関連の事業者の労働環境は改善されてほしいし、そのためであれば、ネット通販の配達が多少遅れてもそれは甘受したいと思ってはいるのだけど。

ちなみに今回買ったものはイヤーマフやキーツールなど4点。

梱包もそんなに小さくはなかったのに、航空便で来たんだろうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました